1:1の思考/1:1 Deliberation

1:1の思考/1:1 Deliberation

 

建築家とキュレーターの3ヶ月に及ぶ現場住み込み期間中に両者の手によって設計、改装がなされたプロジェクトスペース、アサクサについての展示。

図面、模型を用いずその場でディスカッション、スタディ、解体、施工を繰り返し、建築のマクロな部分に対するアイデアを積み重ねていくことで空間全体を作り上げていったプロセスに倣い、本展覧会では1:1というスケールに焦点を当てて展示を構成した。

実寸の部分模型やディテールの写真、検討に使われた実験的マテリアルなど、いくつかの異なる方法によって表現された建築の断片は、どのように微細な身体感覚のコントロールが空間においてなされたのかを表しつつも、実物からの情報に編集がなされることで、鑑賞者自身がこの建築の立ち現れ方について想像を膨らませられるような抽象性を兼ね備えている。つまりそれは、縮尺の小さな模型が持つ解釈の自由さが1:1にそのまま転換されたような、解像度の高い抽象性をこの展示が持ち合わせているとも言える。

 

また、本展示ではアサクサという1つの建築プロジェクトの紹介だけではなく、鑑賞者それぞれが展示を通して”1:1で思考すること”について問い、考える余地を持てるような内容を目指した。

 

This exhibition describes the 3-month in-residence collaborative renovation process on Asakusa; a private gallery space, taken between I, architect Kosaku Matsumoto, and curator Koichiro Osaka. Architectural drawings and modeling beforehand were deliberately left out of the design process, rather taking an ongoing cycle style. Onsite discussion, study, dismantling, and construction were repeated over and over for each detail, gradually approaching the final product.

In this exhibition, I attempt to make a life size recreation of this design/construction process. The visitor is presented with representative fragments of the building by differing means, such as models, detail photographs, and experimental material used for discussion, all in 1:1 scale. These items provide detailed information on how the space was delicately altered, though with deliberate abstractness allowing the observer to imagine how the building would look/feel like. Furthermore, I strived to realise the abstractness people perceive when they see scale models, in much higher-resolution.

 

This exhibit aimed not only to describe the Asakusa project, but still have room for the visitor to freely ponder over 1:1 thinking.

 

 

Photo by Satoshi Shigeta, Ryuji Minami

Lighting by Ryugo Kusaka

 

© 2017 Kosaku Matsumoto